祝!存続 錦帯橋の鵜飼い

2007年06月15日 05:58



一昨年の台風14号の豪雨による被害と財政難から 存続が危ぶまれていた
錦帯橋の鵜飼いが 7月1日から開始の運びとなりました。

鵜飼いを運営していた錦川鵜飼振興会は 財政難が深刻化し 
昨年は 事業の一部を市民団体に運営してもらい 何とか開催できましたが
3月に今年は中止を決めたというニュースを 残念に思い乍ら耳にしていたのです。

ロータリークラブの長老の声もあって 今月に入って
地元有志(岩国の会社社長や公認会計士ら5人)が新会社「錦帯橋鵜飼振興」を作り
事業を引き継ぐのだそうです。



中国地方の鵜飼いは岩国と三次の2箇所のみ 
錦帯橋の鵜飼いは寛永年間から400年の伝統があります。

伝統文化を受け継いで、財産として後世に保存・継承させるべきだ
という思いは 市民なら誰もが共通するものだと思いますが
利潤追求と同時に “社会活動で得た富を 地元の社会貢献に資する”
「これこそが岩国人」だなと感じ 私は嬉しくなりました。

こんな小さな町であるにも関わらず 岩国が好きな人達の情熱は何処よりも熱い.....。
錦帯橋の鵜飼いの益々の発展を願い 賛辞を送リたいと思います。


下記の錦帯橋至近の宿泊施設は ネットでお得に予約出来ます。
岩国国際観光ホテル
日本一の名橋『錦帯橋』のそばに位置する旅館です。

半月庵
明治2年創業 錦帯橋徒歩1分 手間を惜しまない本格的な【和】の味をどうぞ

岩国国際観光ホテル 別館 開花亭
錦帯橋に位置し、四季美しく変化する風景にとけこんだ静かなお宿です。

白為旅館
窓を開ければ当たり前の様に、錦帯橋と岩国城が見え、錦川の天然鮎をはじめ四季折々海山の幸をお楽しみ頂けます。


関連記事