ぶらり銘菓探訪(山口県岩国市玖珂町)

2007年03月04日 06:43

昨日のBLOGでは熊毛銘菓「鶴の巣篭」を紹介しましたが
熊毛ICから 山陽自動車道で1つ東隣のICが 玖珂ICとなります。 
山口県岩国市玖珂町で、正味人口1万ばかりの小さな盆地エリアですが 
ここにも 銘菓が存在しています。



写真の銘菓は、玖珂駅通りの喜久屋が作っています。
“玖珂ろまん”など土地の名を称した饅頭は 
「どんな味が玖珂ろまんなんや(笑)?」と食べる前から興味津々でした。
尚、菓子は他に、欽明路(玖珂盆地がそばの里だけにそば入り饅頭)
玖珂の実(アーモンド味の洋風生地とパイ生地でこし餡を包んだ菓子)
くらかけ山(玖珂の鞍掛山にちなみ 栗が丸ごと入る)などがあります。

玖珂の地名の由来は 玖の玉 珂の玉があったからとの事。
広島や山口県中、西部の人には 玖珂といえば やはり
食事処の“いろり山賊”がある所といえば 通りが早いでしょうか。
ここも3月20日で 岩国市と合併して既に1年になろうとしています。

平成の大合併 いろいろな事情があったにせよ
馴染んでいた町村名が消えたのは 少し淋しいですね。

実は私 旅の他に農園にも興味があり下記のサイトもやっています
     「カントリーライフ」
畑の手入で 遠県へ旅に出るのが難しいですが(笑) 
このBlogもマメに更新していきますので どうぞ宜しくお願いいたします。

 blogランキング参加中です
気に入って頂けたらクリックお願いします

日本全国のスイーツお土産マップ(楽天市場)
関連記事