熊本県天草市 本渡

2007年02月10日 05:47



天草空港が出来るまでは 東京からの時間距離が遠い都市トップ10圏内に
おそらく入っていたと思われますが 
熊本市からでも 天草五橋を渡ってクルマで約2時間半を要します。

天草上島と天草下島が接する海峡の渡し場を中心に開けた
この天草市の主邑・本渡は
現在では市街地は上島、下島に 足掛けしたように拡がっていますが 
双方の島民にとって“天草の拠点”として重んじられてきたようで
県の官公庁の出先機関、高等学校など集中し、商店街も整い 郊外には
本土の人口5万都市並の大型スーパー、量販店も進出していました。
熊本市と結ぶバスも本渡が多くの始終点となっています。





以前は本渡市と呼ばれていました。ここも昨年3月の平成の大合併で
牛深市、天草郡8町などと合併し 新たに天草市という名となっています。

天草は隔絶された地理的条件から“隠れキリシタンの島”と呼ばれ
幕府はそれを警戒したためでしょうか、藩政時代は天領となっていましたが 
本渡も他地域に依存せずに文化圏を形作り 独自性を保ってきた感があります。



それにしてもここ本渡や 石川県の輪島、或いは鹿児島県の鹿屋など
“車で延々と走らないと行けない 陸の孤島のような所に開けた意外と開けた町”は 
“内容が充実してるのに 未だアクセスの少ないWEBサイト”のようで(例えはチト悪いがw) 
私は密かに応援したくなるのですが 皆さんはどうですか?

 blogランキング参加中です
気に入って頂けたらクリックお願いします

光る海、渚の暮らし(楽天ブックス)
キリシタン史の謎を歩く(楽天ブックス)


天草 本渡の宿泊施設を ネットでお得に予約できます
関連記事