宿泊特化型ホテル

2007年01月26日 05:49



最近 とみに増えてきた宿泊特化型ビジネスホテル
私も利用した事がありますが
例えば、1泊3,374円の激安価格で 朝食無料、夕食無料、
温泉、サウナも無料で宿泊できます。

(上の米子駅前のホテルが全て該当する訳ではありませんが...(^^))
宿泊特化型ホテル低価格の理由は、

・宴会場やレストランは持たず、仮にレストランがあっても
 大広間でバイキング形式
・ルームサービス要員は置かず 社員は100室当り支配人含め7人位に削減
 (一方で一流ホテルには 客室数と同数位の従業員がいるとされる)
・ネットや電話帳(しかも裏表紙)の有力な広告媒体など用いて宣伝
・使い捨て歯ブラシや剃刀が有料、シャンプーが壁掛けタイプ
・自動チェックイン機などの採用
・自社でホテル土地や建物を所有せず 貸借方式とする
・ゴールデンウイークや特別な日は 異なる料金

等々 さまざまな発想で合理化が図られている筈です。

私など “もし眺めの良い上層階に泊まれたらラッキー
夜景も堪能できるし” と思っているので(笑)
この手のホテルに不満を持ったことはありません。

格差社会・地方の景気低迷が続く中、消費者の要求はシビアになる昨今
どのような仕組みで儲けが生み出されているのか、検証するのも兼ねて
こうしたビジネスホテルを利用するのも 面白い勉強になるでしょうね。

宿泊特化型ホテルの最近の動向について 
客室料金の競争が激化  

宿泊特化型ホテルのローコスト開発&オペレーション実務・事例集(楽天ブックス)

楽天トラベルにも 宿泊特化型ホテルはあります。
優先順位を、価格帯から拾いあげてみて下さい。


関連記事