萩 藍場川周辺散策

2006年05月28日 06:52



萩は 阿武川の三角州の上に広がった町ですが 
阿武川が、橋本川と松本川に分岐する三角州の起点近くに 川島と呼ばれる地区があります。
そこには藍場川という小さな水路が流れ 鯉も群れ泳ぎ「水と暮らす光景」が見られます。

この周辺はかつては武家屋敷もあったという所で 三角州の開拓が最も早く始まった所です
藍場川は 川の幅は広い所でも3mしかありませんが農業、防火、生活用水の他、
物資搬送用の運河的な役割を果たしていました。



川沿いには 桂太郎旧宅があります。座敷からの庭園も美しいのですが
萩市生まれの内閣総理大臣は 山県有朋、田中義一 桂太郎と3人もいます。
傍には 旧湯川家屋敷もあります。邸内も見学出来
川沿いに階段を作り 水に接近させた「ハトバ」が風呂と台所に見られます。

雨でも濡れずに水汲みを出来るようにしたり 庭にも川の水を引き入れ 池を作るなど
川の水をフルに活用して暮らす”造りを見ることが出来ました。




藍場川沿いは歴史的景観保存地区に指定されています。
時期的なお薦めですが 6月半ばに行ってみて下さい 
鯉の泳ぐ藍場川の川辺は 菖蒲や紫陽花が美しくマッチしていますから。

この周辺は 昔ながらの町割りで 道幅も狭いので 
私の車(マツダのミニヴァンMPV)では離合に往生しましたが(でも通れないワケではない)
5ナンバー車幅の車で行くのが好適でしょうね。

休息には 桂太郎旧宅の横には武家屋敷を利用した 
藍場庵という萩焼ギャラリー・喫茶店もあります。 




人気blogランキング参加中です(^.^)>
気に入って頂けたらクリックお願いします

▼城下町風情を満喫できる宿で、名が通っている所です。
萩の宿・常茂恵萩の宿・常茂恵
大正14年創業、萩を代表する老舗和風旅館です。美しい日本庭園と広い客室、自慢の懐石料理で快適なご滞在をお約束します。

北門屋敷北門屋敷史跡 萩城下町、旧三ノ丸に位置し、歴史とホクモンガーデンなど季節の花々を楽しめる個性派旅館です。

萩のまちを歩く萩のまちを歩く(楽天ブックス)
城下町萩改訂版 新装版城下町萩改訂版 新装版(楽天ブックス)
涼風誘う萩焼青釉の冷酒器♪味わい深い青さに表情の違う3種類の形でお酒の席がいっそう盛り上が...
めずらしい作風のご飯茶碗をお好みの大きさで…♪[飯碗掛分け朝顔]萩焼窯元「大桂庵」の萩焼をネットで購入できます
ぷるぷる食感、果肉ぎっしり萩の夏みかんジュレ15個入【送料無料】ぷるぷる食感、果肉ぎっしり萩の夏みかんジュレ15個入【送料無料】
夏みかんのかおり 13度 1800ml (果実酒)夏みかんのかおり 13度 1800ml (果実酒)
ギフトに喜ばれます。山口県産5倍濃縮夏みかんジュース~萩物語~500ML瓶×6本セット山口県産5倍濃縮夏みかんジュース~萩物語~500ML瓶×6本
萩とその周辺の宿泊施設ネットでお得に予約できます
関連記事