由宇代官所跡(岩国市由宇町中央)

2006年12月01日 08:46



江戸時代を通じて ここに岩国藩(吉川藩)由宇組代官所が置かれ
海土路、藤生、黒磯、青木、保津、通津、長野、由宇、日積、
神代、大畠、柱島、の11ヶ村1島の支配をしていました。

藩より派遣された代官1人 手子役2人その他を置き
各村の庄屋、刀禰などの村役人の指揮、監督に当たりました。
 
主として徴税、勧農、宗門などの事務 および藩からの通達や
各集落からの願届けの取次ぎ、些細な訴訟の取扱いなどの業務を行っていました。



国道188号線は 南岩国から柳井港までの25km間に 
インターネットカフェなどはありませんが
由宇代官所跡の至近に 写真の「まちの駅」があり 
ネットを楽しむ事が可能ですし 由宇地区の生活・観光情報も入手できます。


ゆう温泉
四季折々の自然の表情と、由宇川のせせらぎにつつまれながら、安らぎのひと時をお過ごし下さい。
関連記事