東京ディズニーシー

2018年01月21日 00:00



日本を代表するアミューズメントパーク 東京ディズニーリゾート。
私も中年男であるにも関わらず ここが実は好きなのですが
「旅と寫眞」で公開していなかった事にあらためて気付き 書いてみました

今回の投稿は東京ディズニーシーをお送りします。



ここは7つのエリアで構成されるディズニーパークで
2001年(平成13年)9月に開園しました。



当初は日本で2番目のディズニーパークとして 
映画スタジオ系施設の建設を予定していたようですが
1990年代初頭の日本では まだまだ映画文化に馴染みがないという判断で
ロサンゼルスのロングビーチに開園の予定が 環境規制で頓挫した「ディズニーシー」の
コンセプトを流用して建設されることになったのです。



園内はコンセプトごとに「テーマポート」と呼ばれる7つのエリアに分かれ、
テーマに合わせたアトラクションや飲食店が置かれています。









南ヨーロッパの港町、アメリカンウォーターフロント、中央アメリカの熱帯雨林地域、
アラビアンコースト、マーメイドラグーン、ミステリアスアイランド(1873年の南太平洋の火山島)
など、まるで世界旅行を一つの園内でしているような雰囲気です。







「さあ、冒険とイマジネーション の海へ」をパークテーマとしており、
水を使ったアトラクションやショーもあります。


【東京ディズニーシーの水上ショーの風景を 動画でお楽しみ頂けます】

水上のショーは迫力がありますが、海上がメインなのでやや見え難いので
オペラグラスを持って行くとよいかもしれません。、











「夢や魔法」というコンセプトのディズニーランドに比して、
「冒険やロマンス」をコンセプトとしています。
そのため、ビールやワインなどのアルコール飲料の販売があるなど、
大人も視野に入れた客層設定となっているのは ここの美点です。









ディズニーランドに較べると 大人の雰囲気を持ち、
デートならディズニーシーの方が やはり似つかわしいかもしれません。



楽しむには 事前にマップの把握と ファストパスの確保が大前提です。
ディズニーシーはアトラクションの数は少な目でショップ&レストランは多めです。
日曜日や連休はあまりお薦めしませんネ。



どのアトラクションも楽しいですが、一部身長、年齢制限がありますのでご注意下さい。


【東京ディズニーシーのアトラクションを 動画でお楽しみ頂けます】


【東京ディズニーシーのショーの模様を 動画でお楽しみ頂けます】







看板を多用して案内する経営方針ではないようで、
口頭でのご案内が必然的に増えると思いますが、スタッフの方々の対応も最高で
来場者の夢を壊さない様に、常に高い意識を持って勤務されている事が伺えました。





船や電車に乗って、街並みを眺めるだけでも楽しめます。


【東京ディズニーシーの鉄道からの風景を 動画でお楽しみ頂けます】

雰囲気も細部まで作り込まれていて秀逸で 風景写真を撮っていても楽しめました。





結構歩くので 荷物は軽く、動きやすい格好が鉄則でしょうネ...(^^)。
(ちなみに私はディズニーシーで10㎞も歩いていました)





お土産選びは早いほうがゆっくりと選べます。



キャラクター好きにはたまらないかも...





夜は昼間と景色が一変します。ロマンチックなムードがあり大人な雰囲気が最高!。





東京ディズニーシーへの交通ですが、
JR京葉線の舞浜駅から歩くには 車道横の決して広くない歩道を歩かなければならず、
ゲストの安全確保が難しい事もあり、舞浜駅前には入園ゲートまで徒歩で行く案内はありません。
モノレールのディズニーリゾートラインに乗って
東京ディズニーシー・ステーションで下車するのが 最も得策だと思います。



私は前日から 東京ベイ舞浜ホテル・クラブリゾートに宿泊していたので
ディズニーリゾートラインに乗って すぐに辿り着けました。
やはり 日帰りではなく何日か滞在したほうが 体調に合わせてのんびり出来ますネ。




関連記事