道の駅北浦街道ほうほく

2018年02月20日 00:00



旅好きの皆さんは、
「〇〇の道の駅が良かった!」 「〇〇の道の駅がお薦めだよ!」 「〇〇の道の駅によく行くネ!」
などという お気に入りの道の駅があるでしょうか?

道の駅とは、日本の各自治体と道路管理者が連携して設置し、
国土交通省により登録された、駐車場・休憩施設・地域振興施設が一体となった道路施設で
全国47都道府県に 道の駅が全部で1,117箇所もあります。

そんな中で 「2016年・口コミで選ぶ行って良かった道の駅」で全国ナンバーワンに認定されたのが
何と我が山口県にある、「道の駅北浦街道ほうほく」なのです。



山口県民ながら誇らしいのですが(^^)、
下関市豊北町神田上の国道191号線沿い(北長門海岸国定公園に指定された美しい景観の北浦街道)
和久港を眼下に 水平線には角島大橋を遠望する丘の上にあります。



建物は波をイメージしたデザインとなっており、館内は全てバリアフリーとなっています。



2012年3月24日にオープンして 5年半になりました。
「豊北町の8つの漁港で水揚げされたばかりの豊富で新鮮な魚介、採れたての果物や野菜など、
海と大地の豊かな恵みをお楽しみください」がここのウリだけに
売店は県内のどこよりもバラエティに富み 運営に力瘤を感じます。



レストラン わくわく亭
豊北町で採れた鮮魚、新鮮野菜を使ったメニューが豊富に用意されていました。
券売機があり、あらかじめチケットを購入し 席に着くシステムですが、
海鮮丼や一品料理など、イカを筆頭に毎日水揚げされる新鮮でおいしい魚が魅力と聞き
あじフライ定食と ふぐフライ定食を注文して 二人でシェアしました。



ご飯とお味噌汁がお替わりできるのも嬉しい(^^)!。
ついていた豆腐に地元の醤油を掛けて食べましたが これが絶品でしたネ!。



レストラン わくわく亭より望む日本海



物販コーナー
水槽には地元で水揚げされた新鮮な魚介が盛り沢山ですし
生産者の名が入った新鮮野菜、果物、特産品など安く買えます。



銘菓や産品の試食も充実し、マイナーなものでもここに来ると見つかると思います。
地場の人が買いに来るのではと思う品が置いてあるのが良いですね。



交流広場
私達は14時過ぎに外(交流広場)に出ましたが 運が良かったのか「300円で市の品を袋に入る分入れて!」と
豊北産の玉葱など野菜を たっぷり入手出来 感激しました(^^)。
さすがに「口コミで選ぶ行って良かった道の駅」ナンバーワンです!。



観光情報の拠点だけに 道路交通・気象・災害情報など案内も充実し 
さまざまなパンフレットで情報収集も容易です。
近辺には角島大橋、川棚温泉、青海島、元の隅稲成神社など観光地も点在しており
行動の拠点として使うにも好適だと思いました。



屋外は展望テラスがあり 
天気が良ければ 角島、角島大橋と眼前に広がる美しい海のパノラマ景観を楽しめます。
ここは本州最西端の道の駅でもあります。

人気の道の駅だけに休日は混み合いますが
車による観光で角島に向かう際には、一度立ち寄られてみては如何でしょうか?!。
私もここはかなり気に入りました。
関連記事