FC2ブログ

硫黄山・アトサヌプリ

2017年10月31日 00:00



北海道弟子屈町にある第四紀火山 硫黄山(アトサヌプリ)に立ち寄りました。
摩周湖と屈斜路湖の間にある山で標高は512m。活火山に指定されており 
アトサヌプリの名は、アイヌ語で"裸の山"の意味との事。









2007年以降は落石事故の発生により、山頂付近への立ち入り
は禁止されており、
山麓の噴気孔などが観光スポットとなっています。





駐車場からはこんな場所を歩いて行きます。



観光客が安全に散策できるように、安全区域にロープが張られています。
近づくにつれて、硫黄の独特な強い匂いがしてきます。





噴気孔に大接近しました。



噴火口を囲むように美しい黄色い硫黄の塊が見えます。
沢山の噴火口から硫黄の噴煙が ゴウゴウと音を立てて立ち上り、
正に 地球の鼓動を感じるという表現が 相応しい印象を受けました。


【動画でも 硫黄山・アトサヌプリをお楽しみ頂けます】





明治時代には大規模な硫黄の採鉱も行われていました。
アイヌの人々が硫黄を焚付けとして使用していた事から、明治5年頃から採鉱が行われ、
明治19年には約1万400トンを採鉱し、北海道最大の硫黄鉱山ともなり
北海道で2番目に早く鉄道が敷設され、近代的な精錬所も設置されたのです。
しかし鉄道での大量輸送は 硫黄資源の枯渇をもたらせ、明治29年に採鉱は休止されたのです。



飲食店、土産物店も兼ねたビジターセンター(通称:硫黄山ネイチャーホール)があります、
アトサヌプリ周辺の自然や 明治時代の硫黄採掘史などパネルや各種資料が展示されています。





レストハウスで、地熱を利用した温泉卵をいただいてみました。



温泉卵はガムテープを利用して 殻を剥きました(^^)







源泉100%掛け流し!星空望む絶景露天風呂は24H入浴可能♪




アイヌ音楽家アト゜イとその仲間が皆様をお迎えします。接客は気取らず等身大。異文化体験で魂に栄養補給してみては如何ですか。




アクティビティも充実!湖畔のホテルでリゾートステイを満喫♪♪

関連記事