恋の島・古宇利島

2016年10月06日 00:00



沖縄本島・わるみ大橋の付け根にある駐車場から撮影 古宇利島を望む



沖縄でも指折りの絶景スポット・古宇利島へ行きました。
沖縄本島を北上して 今帰仁村の古宇利島へ... 本島から橋で渡れる離島です
沖縄本島→屋我地島→古宇利島と車で進んで行きました。



古宇利大橋
今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ 長さが1960mの橋で
通行は無料です。(平成17年2月8日開通)
屋我地島と古宇利島間を古宇利大橋で結ばれているので車で行くことができる離島です。



沖縄本島北部の今帰仁村にある古宇利島は半径約1Km、周囲が約8Kmの島で
車で一周するのに約10分位です。

古宇利島周辺の海の綺麗さは沖縄本島でもトップクラス。
まるで海の上を走っているような気分を味わえます。



橋から見る海は 水面に太陽の光が輝いて まるで映画のワンシーンの様でした。



島内は 古民家の集落や、サトウキビ畑があるなど 沖縄らしい長閑な原風景が残っています。
古宇利大橋の開通後、島に多くの観光客や地元の人で賑わうようになり
観光施設、飲食店や宿泊施設も充実するようになりました。
古宇利島側の橋の付け根の下にも 美しいビーチがあります。



古宇利オーシャンタワー
2013年11月にオープンした古宇利オーシャンタワーは、
古宇利島の海抜82mからの絶景を楽しむことができるスポットです。



自動で動くカートで展望台まで移動します。
カート内に音声案内機能が付いており、古宇利島の観光案内をしてくれます。
ハンドルはありますが自動で動くので ハンドル操作不要です。



行きはかなり迂回して古宇利島の景色を楽しませながら、ゆっくり登っていきます。



カートからの景色も綺麗で カートが走る道筋には椰子の木やハイビスカス



さらには滝も流れており 南国気分を盛り上げてくれます。



展望台に近づくと、古宇利島周辺に広がるエメラルドグリーンのきれいな海が見えてきます。



カートに乗って5分後にタワーの入口に到着。タワー&シェルミュージアムに入ります。



シェルミュージアムには世界の貝を展示していますが 何とその数は1万点以上!
普段見ることのできない珍しい貝や、色鮮やかな貝などを展示しており 見応えがありました。



タワーには2F、3F、4Fの屋上に展望フロアがあります。



3Fの展望フロア



タワーにある展望台からは エメラルドグリーンの美しい海や古宇利大橋を一望できます。


【古宇利オーシャンタワーからの絶景を動画でお楽しみ頂けます】



屋上には「恋の鐘」があったり 解放感がありますが 
風で帽子などを飛ばされないように!。



上からの景色は息を飲むほどの絶景。
晴れた日で 太陽が真上にある昼の時間帯が 海が綺麗なのでお勧めです。



タワー内では 古宇利島の南瓜を使ったクロワッサンやシュークリームが食べられます
これがまた美味い!



北側の景色で、きれいな海が見えます。

最初に入場券が800円と聞き 高いなと思うかもしれませんが
自動のカートで美しい風景を見ながら移動し、貝のミュージアムで鑑賞し、タワーに登って絶景を見る、
沢山楽しめる要素があって この料金ならかえって安いと思えます。

後はカートに乗って駐車場へ戻りますが 短絡路を通るので帰りのカートの乗車時間は1分程です。
タワー内は売店も充実しており お土産物を買う際試食もできます。



古宇利島は古くから「恋の島」や「神の島」であるという伝承があります。
これは沖縄版「アダムとイブ」のような言い伝えが残っており、
「こうりじま」の語源が「恋島(くいじま)」だと言われているためです。
そのため、全国からカップルが訪れる島となっています。

小さな島ですので、レンタサイクルでゆっくりと散策するのも良いかもしれませんね。



古宇利島に1日1組限定のスイートルームが2棟誕生。それぞれ異なった場所に位置し、ここだけのロケーションを満喫!

古宇利大橋と古宇利ビーチを一望できるオーシャンビューのヴィラ。碧い海と静かな時を提供します。

古宇利の海は沖縄の中でも最高級の美しさ。宇望庵は海に臨むゲストル-ム(定員2人)。オール家具付き長期滞在にも最適。






関連記事