琉球村を訪ねて

2016年08月07日 00:00



沖縄本島北部の恩納村にあるテーマパーク「琉球村」を訪ねました。

ここは昔から 沖縄のテーマパークの定番であり、
古き良き沖縄の姿をそっくりそのまま再現している観光名所です。
沖縄ビギナーという方は 是非行かれたら良いのではと思います。



入口を入って直ぐの所は 「沖縄の駅ちゃんぷるー」と呼ばれる無料エリアです。
屋根があるので雨でも安心して楽しめます。
無料エリアは、昔ながらの赤瓦屋根の家に昭和の時代を折衷させた 作り物的な感じはありますが
ここではお土産はもちろん、紅型の貸衣装を着て記念撮影もできるほか
フードコートにもなっており 食事を楽しむことも可能です。



観光が主要産業となっている沖縄県だけに
地酒などお土産もかなり充実している印象を受けました。



入場券を買って 琉球村の有料エリアに入りました。



有料エリアに入ると、
築約120年位の赤瓦の琉球伝統的古民家を 沖縄各地から移築保存して昔ながらの村を再現しただけに
家屋に作り物的な感じは全く無い重厚感がふんだんに漂います。





家々の幾つもが国登録有形文化財となっています。





この高倉が旧島袋家で国登録有形文化財・築約120年です、
1982年名護市羽地より移築した豪農屋敷ですが、
このような古い家を移築し 綺麗に再現させているのには感心しました。







村内は 赤煉瓦の屋根に魔よけのシーサーが立つ沖縄らしい古民家や 





製糖工場、窯場などが建っています。





時間がゆっくりと過ぎているように感じ、
どこからか沖縄の楽器である三線や太鼓の音が聞こえ、昔にタイムスリップしたかのようです。





カメラ好きで 沖縄らしい風景の写真撮影を短時間で集中的にしたいならば 
沖縄本島では琉球村がやはりイチオシでしょうね。





古民家の中は手作りの工房になっており、
琉球舞踊の衣裳に使われる紅型染色や藍染、織物、南蛮焼きの陶芸など
沖縄の伝統工芸体験もできるので 時間があれば体験してみるのも一興です。
(但し 織り上げた花織りや紅型のテーブルセンター、さらにシーサーの絵付けなど
 仕上げまでに3時間程度を要するコースも多いので 時間に余裕を持って....)



冬でもブーゲンビリアが咲き、南国の花が咲き誇る園内は、沖縄らしさに溢れます。





園内を散策すると起伏や池があり 景観的にも様々な彩りがあるので 退屈はしないはず...。





砂糖舎では昔ながらの製法を継承し 丸太を水牛に引かせてサトウキビの絞り汁にし、



それを小屋で煮詰めて撹拌、小さな容器に固めて販売しています。
(時間帯によっては見れない場合もありますので注意)



この他に、村内の一番奥側には、ハブセンターがあります。
沖縄本島をはじめとする琉球列島にはハブが棲息していますが
ハブのショーは 近年は動物愛護法によりハブとマングースを闘わせることはないようで、
子供から大人まで楽しめるような形でハブやマングース、他のヘビの説明をしてくれます



沖縄の伝統舞踊・エイサーの実演もあります。
琉球らしい衣裳を身に纏った若者たちが、エイサーの太鼓と音と踊りで 華やかに弾け
個人的には琉球村でこれが一番の見所だと感じました。
エイサーを楽しむならば 琉球村と同じような施設でおきなわワールドもありますが、
おきなわワールドは 都会・那覇のイケメンスタッフ比率が高い「ショー」といった感があり、
こちらの琉球村は地元のスタッフがやっている感があり 等身大の沖縄の若者を見届けられます(笑)。



最後は皆で両手をあげて踊りましょう! との呼び掛けがありますが
これもまた良い旅の思い出になると思います。



エイサー以外にも色々な舞踊や島唄ライフなどを行っており、楽しめると思います。


【琉球村の風景を動画でもお楽しみ頂けます】



ガジュマルの木の周りにも赤瓦屋根のお土産店があります。
琉球村の園内はどこをとっても絵になる風景!
やはりお土産はこんな風景の中で購入した方が良い思い出になるのでは....。









公共の交通機関で琉球村に行くには 那覇市内からだとバスでかなり時間を要すると思いますし
国頭郡恩納村山田という地区は 国道58号線から少し離れた本当に片田舎なので
やはりレンタカーの利用が得策だと思います。

住所
〒904-0416 沖縄県国頭郡恩納村山田1130

公式サイト
http://www.ryukyumura.co.jp/







関連記事