A&W牧港店でルートビアとハンバーガー

2016年07月08日 00:00



沖縄県浦添市の国道58号線沿い 牧港の交差点にA&W牧港店があります。



ここは沖縄の米国統治時代からの ロードサイド型バーガーショップの元祖で、
マックの日本到来前から存在していました。
建物や中の雰囲気も古き良き1960年代のアメリカが感じられます。



そんな店が持つ雰囲気と ルートビアとハンバーガーを味わうべく 
このお店に立ち寄りました。



車で行って ドライブスルー利用も可能ですし、車で注文して車内で飲食も良いのですが
せっかくなので店内で飲食しました。



A&Wは米国のハンバーガーチェーンで 日本では沖縄でしか展開していません。
1919年に、ロイ・アレン(Roy Allen)が、カリフォルニア州ロディで、
ルートビアスタンドを開店したのが始まりです。



沖縄の人達はA&Wを「エンダー」と呼んでいるようですね。



ルートビア
ハーブ(14種類の薬草)入りノンアルコール炭酸飲料で 最初はサロンパス臭がありますが
すぐに慣れて癖になります。沖縄の温暖な気候だから合うのかもしれませんネ。





店内では キンキンに冷えたジョッキでのルートビアのお替わりは自由です(セルフサービス)



この店で最も高い「A&Wバーガー」650円 を注文。
ビーフ、トマト、レタス、オニオンリングそして濃厚なクリームチーズにペッパーポークが入った豪華版です。



ハンバーガー自体は意外にも大雑把というか薄味。 マックの方が味が濃いと感じます。
でもこれが本来の米国のハンバーガーの味なんでしょうネ?!





A&Wグッズ(Tシャツや帽子、キーホルダー)も 牧港店の店内で売られています。



当時の沖縄の人々にとっては ファストフードレストランは豊かなアメリカを思わせたのでしょう。
このダイナー風の造り... 沖縄A&WのHPにはドライブインの維持を求める声が多数寄せられるとか...。



日本初のファストフードレストラン「A&W」は、
米軍統治時代にやって来たアメリカ黄金期のアメリカ人が 
置き土産のように残していったのですが
沖縄人はそれを受容し、自らの生活文化に吸収し 取り入れたという訳ですね。

本土のファーストフード店ではおそらく無いと思われるドライブイン方式、
沖縄に観光旅行に行く際には是非行ってみて下さい。







関連記事