珍しい木炭自動車が岩国に....

2013年02月09日 05:58



近年 車のテクノロジーはますます進化し、ハイブリッドやEVなど
電動化パワーユニット搭載車が 街道の主流となっている感じがしますが
木炭自動車が 平成も25年を経た今、岩国の町を走っている事をご存知でしょうか?



木炭自動車が日本で最も多く走っていた時期は 
第二次大戦に突入して 石油が枯渇していた戦中戦後の一時期ではありますが
岩国で走っているのは さすがにその当時の自動車なのではなく
木炭を焚いても走れるように改造されたガソリン自動車で、
木炭でもガソリンでも走れる いわばハイブリッドカーという訳です。



車体後部に設置してあるボイラーで木炭を燃やし、
ガスを発生してエンジンに送り込み、ピストンを動かして走ります。



岩国市内の某自動車整備業者の会長(故人)が、物を大切にする心を育てたいという気持ちから
木炭ハイブリッド自動車を作り 平成17年に市に2台寄贈されました。
岩国市は この車を使い 市内の観光地を周遊する車両として活かしています。

レトロな木炭自動車は レトロなJR西岩国駅舎にベストマッチしています。
2台のうち 白い1台は展示用ですが 青い1台の方は実際に公道を走行しています。
木炭自動車は、全国的にも珍しく、ナンバーを取得して公道を走れる車は、岩国にある車輛だけだと思います。



運行ルートは
JR西岩国駅→錦帯橋→ロープウェイ山麓駅→宇野千代生家
→錦帯橋→JR西岩国駅 
市観光施設ご利用の方のみ乗車可で 何と乗車無料なのが嬉しいです!
(ルート変更・途中下車・予約不可)



午前10時20分~午後4時40分まで5便が運行し 1周(9㎞)の所要時間は約1時間10分。
ゴールデンウイークや年末年始など道路混雑時期と梅雨期は運休となります。
また乗客定員は3人なので、他の客が先に乗車していると、利用できない場合があります。
早めに行って待っている方が得策だと思います。

今年度の運行期間は平成25年3月26日までとなっており
運休日は火曜と水曜日ですが 公式サイトで再確認して下さい。
         http://iwakuni-city.net/kankou/mokutan.html 
(電話での問い合わせは、岩国市観光振興課 ℡0827-29-5116)



【動画でも 岩国の木炭自動車をお楽しみいただけます】



西岩国駅は、1929年に岩国駅として開業しました。(当時は現在の岩国駅が麻里布駅だった)
岩国のかつての代表駅だっただけに 大正から昭和初期にかけての洋風建築で建てられました。
2006年には国の登録有形文化財に指定され 山口県では山陰本線萩駅と並んで「レトロな駅舎」として
鉄道愛好家からの人気も高い駅です。木炭自動車の展示でさらに魅力が深まると感じますね。
珍しい木炭自動車に岩国でぜひ乗って欲しいですが、写真撮影に訪れても良いかと思います。


■岩国国際観光ホテル/楽天トラベル
【5つ星の宿】日本一の名橋『錦帯橋』より徒歩5分、宮島より車で約40分

■半月庵/楽天トラベル
明治2年創業 錦帯橋徒歩1分 手間を惜しまない本格的な【和】の味をどうぞ

■元祖岩国寿司の宿 三原家/楽天トラベル
■8/4(土)空室アリ■錦川水の祭典・花火大会開催!■会場の錦帯橋までは徒歩5分♪

■割烹旅館 白為旅館/楽天トラベル
窓を開ければ当たり前の様に、錦帯橋と岩国城が見え、錦川の天然鮎をはじめ四季折々海山の幸をお楽しみ頂けます。

■岩国国際観光ホテル 別館 開花亭/楽天トラベル
錦帯橋に位置し、四季美しく変化する風景にとけこんだ隠れ宿でございます。大人の休日の別荘として是非どうぞ。
関連記事