紀州・和歌山城

2013年01月19日 05:58



和歌山城は、天正13年(1585)に紀伊を統一した豊臣秀吉が弟の豊臣秀長に築城させたのが始まりです。
普請奉行は築城名人の藤堂高虎で、本丸を造りました。、
残念ながら豊臣秀長は和歌山城の完成を見る事なく、
奈良の大和郡山に赴いており和歌山に戻る事はありませんでした。
翌年の天正14年(1586)豊臣秀長の家臣桑山重晴が城代として和歌山城に入り 
14年間の在城期間に築城を進めていきました。



和歌山城の築城理由は、やはり紀州攻めの本来の目的である本願寺派や雑賀党等の地方豪族の残党を抑える為かと思います。
当時の秀吉の資金源は堺商人の経済力だったので、
それを脅かす紀州の力を削いでおきたかったと思われます。



その後は 慶長5年(1600)、関が原の戦いで功のあった浅野幸長が37万6千石を領して城主となり、
築城工事も次々に行いましたが 元和5年(1619)浅野氏は安芸広島へ移封され、
最終的には徳川家康の第十子徳川頼宣が、55万石を領し和歌山城主となり 紀州徳川家が生まれました。



それ以来 紀伊国和歌山は 尾張、水戸と並び 徳川御三家の一つとなり
徳川幕府の西国支配の要衝として威容を誇ってきました。 



徳川頼宣の和歌山入城の時は銀二千貫が支給され 城郭の整備や城下町和歌山の拡張が実施され
以後250年以上にわたり和歌山が繁栄していきました。
また、八代将軍となった徳川吉宗は33歳まで藩主として活躍し、享保の改革をここで築きました。

弘化3年(1846)に天守閣に落雷があり、和歌山城は多くを消失してしまいます。
幕府は制として城郭再建を許しませんでしたが、
和歌山城は運良く御三家徳川家の居城だっただけに再建を許可され 4年後に再建しました。



明治になると 廃藩置県で和歌山城は廃城となりましたが 
御三家であったこともあり、明治維新後も多くの建物が残っていて、
明治34年(1901)年には和歌山公園として公開され、
昭和10年(1935)には天守閣隅櫓、楠門など国宝建造物に指定されました。
ただ先の大戦では 米軍による空襲を受けて、天主台のみの姿となってしまいました。



戦後 和歌山城の再建を望む和歌山市民の熱意や各方面の支援や協力で 
昭和33年(1958)鉄筋コンクリート造りの天主が復元されました。
現存する門(解体復元を受けていますが)や当時のままに復元された門がありますので、
それらも含めて重要な文化財と云えるかと思います。



和歌山城では、長い歳月を掛けて城郭が形成されてきただけに
時代の変遷を映すように 石垣の石積みにも変化が見られます。
(豊臣時代・浅野時代・徳川時代の3種類)







原始的な「野面積」(野面積の石積みが見られるのは天守閣の真下あたりです(虎伏があるあたり))から
大石の間に小石を詰めた「打ち込みハギ」(入り口の大手門を入って“大くすの木”の後ろ付近)
その後江戸時代の 石材の切り口を合わせて精巧に積み上げた「切り込みハギ」など 
様々な石積みを見る事が出来て 城郭ファンには愉しめる事請け合いです。

ところで和歌山城の南西部分には堀がありません。(古図を見ても築城当時から無い)、
通常ならば 堀は城の搦め手の防御設備なので、周囲を囲うか、
大阪城や名古屋城のように一部分だけ空堀にするかですが、和歌山城はそれすらも有りません。
その理由ですが、
・領主の政治力を誇示して「見せる」という観点から築城され
 街道を通る他国者に天守の威容を見せるようになっていたという説、
・1615年大坂夏の陣で豊臣家が滅亡して以来、堀や縄張の考え方が変わり
 防御性よりも城下町の利便性を重視するようになったという説、
・予算を考えずに欲張って縄張りした結果、築城の途中で予算が尽きて
 無い袖は振れないまま放置されたという説、 があります

和歌山城周辺で 併せて見ておきたいスポットですが
すぐ近く、歩いて行ける所に和歌山県立博物館・和歌山県立美術館があります。



■【梅干】紀州南高梅使用伏虎城(20粒入)木箱【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書.../梅干専門店 河本食品
■DVDで城めぐり!高画質映像でめぐる全国屈指の100名城。城郭ファン必携の永久愛蔵コレクション... /コロムビアファミリークラブ
■≪15%OFF≫後払い・コンビニ払いOK!日本の名城 ゴールドコレクション JG06 1/550 和歌山城 【... /ビューティーファクトリー:ベルモ
■ダイワロイネットホテル和歌山/楽天トラベル
■和歌山一の高さ20階建&見晴らし良◆和歌山城目の前◆関西空港リムジンバス停留所目の前◆館内コンビニ有■
■和歌山東急イン/楽天トラベル
全室高級寝具シモンズベッド&デュベ羽毛布団導入、インターネット回線使用無料、加湿空気清浄機完備
■ホテル アバローム紀の国/楽天トラベル
市内中心地、和歌山城や県立美術館が徒歩圏内。宿泊の方は駐車場無料!「靴を脱ぐ」からはじまる…全室土足禁止!
関連記事