お菓子の壽城

2012年09月08日 05:58



山陰ドライブの機に 米子市にある「お菓子の壽城」に立ち寄ってみました。

旅好き・城郭好きを自認する私は これまでこの手の疑似天守には失笑していたのですが
お菓子のテーマパークとしては 中国地方で筆頭に挙げられる存在であり
山陰ツアーの立ち寄りポイントとして広く知られている事もあり 採り上げてみました。



お菓子の壽城は 米子自動車道米子ICを降りてすぐ
皆生温泉の方向(北に向かって) 800m走った所にあります。
大きな城が見えるので ナビ無くとも 迷う事無く到着出来る筈です。
駐車場もかなり広く、観光ツアーの大型バスも発着していましたが 
多くの観光客を呼べる広さが完備してあります。



「米子城って米子駅出て国道9号線を左折したら米子城址の山があったじゃん?」 
と思った方は鋭いです。
お菓子の壽城は 平成5年に山陰の交通結節点・米子IC傍に 
米子城をモデルに築城された疑似城郭なのです。
レプリカとは云いながらも 石垣の一部を旧米子城より移築していたり
実は“本物”な部分も随所に採り入れています。



入場無料の城内に入ってみました。



米子・大山、境港エリアを代表する銘菓・名産が揃っており、
デパートのような雰囲気の売場は 土曜日に行くとかなり賑わっていました。







寿製菓が誇る看板商品「とち餅」をはじめ 各種銘菓の他に
天ぷら、珍味、吾左衛門寿司など 地元を代表する特産品が勢揃い....!



売場毎に 売り子さんが立ち、
いらっしゃいませ~、***の試食どうですか~、**名物です~ と声を掛けられ
試食用の品を手渡してくれます。
銘菓はすべて試食OK(それも20種類以上あり...!)なのが嬉しい所です。

私は定番の「とち餅」を購入しました。
試食では 伯耆大納言小豆を使ったどら焼き風の「大黒焼」、
地元産牛乳をふんだんに使ったカスタードが包まれた「福々兎」も美味いと思いました。



お菓子の壽城で、看板商品といえるのが、銘菓「とち餅」です。
秘伝の製法でアクを抜いたとちの実を もち米と一緒にセイロで蒸し上げ、
杵でよくつき上げた後に、伯耆大納言小豆で作ったこし餡に合わせた物です。



その味は、「第22回全国菓子大博覧会・金沢菓子博」で名誉総裁賞を受賞
「第25回姫路菓子博覧会」で最高賞を獲得。まさに山陰銘菓の逸品です。



白とち餅"と"赤とち餅"の2種類があり、
餡を餅で包んだ「白とち」 、餅の外に餡が乗せてある 「赤とち」 、
 白は 餅の柔らかさが印象的
 赤は 伊勢の赤福や御福に似た感じで 餡の甘さが引き立っています。

 ※赤とち餅は生菓子のため、基本的には当日で売り切れる量で販売され、
  ネット通販でも購入する事が出来ません。。



もう「迷ったら両方買え....」と言いたい程で 
素朴な和菓子ながら 山陰銘菓でも屈指の人気を誇っています。



城内の右手(販売スペースの奥)は 実際に店頭に並ぶ銘菓の工場を併設しており
ガラス張りの店内から 銘菓の製造ラインを見る事も出来ます。
各工程の解説が表示されているので 銘菓製造過程を学ぶことが出来ます。
夏休みの課題 感想文に悩むお子さん連れには恰好ですね。

体験メニューとしては 「手作りとち餅教室」もあるようです。  



2階には、茶室風のスペースも備えた「喫茶・御休憩処 福ふく」がありました。
御膳モノや蕎麦の他 食事メニューも充実しているので 
ここで窓越しに大山の雄姿を望みながらのランチも良いなと思いましたね。



他に「鬼太郎商店」(境港出身水木しげるの“ゲゲゲの鬼太郎”グッズの店)もあります。



エレベータで四階に上り、螺旋階段を登って展望台に上がってみました。
小さいのですが 360度のパノラマビューを誇る展望台があります
国立公園大山や日本海、弓ケ浜などを一望できます。
展望台の一角には、2011年に“ツイてる神社”も誕生しました。






米子城そのものの姿が再現された 威風堂々とした雰囲気を醸し出す建物です。

年中無休ですし、営業時間が朝8:00からと 結構早くから営業しているので
ここに立寄った後でも、混む前に近くの観光スポットにも行ける利点があります。
山陰の交通結節点・米子ICに近く 非常に便利だと思います。

公式サイトはこちら↓から  お菓子の壽城 - 寿スピリッツグループ (公式サイト)
   http://www.okashinet.co.jp/kotobukijo/



■皆生温泉 皆生シーサイドホテル/楽天トラベル
楽トラアワード2010金賞!塩湯かけ流しの大浴場&露天風呂、海一望の和室&洋室♪ビジネス・観光の両プランが充実!
■大山レークホテル/楽天トラベル
★大切な人と温泉とスパでのんびり★森の湖畔にある静かなホテル




関連記事