意外と楽しめるトロピカル王国・OKINAWAフルーツらんど

2016年12月05日 00:00



沖縄で楽しみなのは やはり温暖な気候で育ったフルーツ!
せっかくなら果実に関するテーマパークで 味わいたいものだと寄ってみました。

OKINAWAフルーツらんどは名護市為又にあります。
偶然にも 類似施設のナゴパイナップルパークに至近ですが
それでも 何年もお互いが両立している事を思うと 観光王国沖縄の懐の豊かさを感じます。



入り口を見て感じるように やや子供向けの観光地ですが、
ツアーコースに入っていても多少仕方がないかとは思います。





「フルーツゾーン」、「チョウゾーン」、「バードゾーン」他から成る全天候型亜熱帯体験施設で
ナゴパイナップルパークのような乗り物には乗らず、園内は歩いて周回します。





園内には 本土では見られない数多くの熱帯果物が育成されています。
写真の通り 天候型施設なので雨の日でも嬉しい。





普段 どういう風に実がついているのか分からない果実も ここでは沢山見る事が出来て面白い。



季節にもよりますが、パパイヤ、マンゴー、グァバ、ドラゴンフルーツなど30種類以上があります。



OKINAWAフルーツらんどは 中山パイン園を母体として
1975年の海洋博をきっかけに土産店としてスタートしたのが原点との事、
以降は時代と共に充実してきましたが 2000年代に入ると陳腐化が顕著になってきた事から
創業40年の平成25年(2013)「、施設体験型・オリジナル絵本」トロピカル王国物語をコンセプトに
大リニューアルされました。



フルーツに関するクイズに答えながら 妖精にも触れ合い?
スタンプを押して回ります。
大人もなるほどと思うところが多く楽しめました。
最後にモニターがある部屋に入り スタンプラリーの紙をヒントに問題を解き
エンディングストーリーを見て終わりでした。(問題を解かないで進めば30分前後)



見て触って食べるだけの施設では 時期によりフルーツが少ないなどの不満がありますが
地図を手にその謎を解きながら進んで フルーツの秘密などを学べるなら 面白いですよね。



途中にいるヤギの家族が可愛らしくて癒されました。

バードゾーンには放し飼いの鳥がおり、好きな人は興味を引くでしょうね。
水がまかれて濡れているので注意です。



ハイビスカスも満開です。



大人には単なる熱帯植物園で それを見終わったら お決まりの土産コーナーへ誘導されます(^^)。



お土産はフルーツだけでなく、お菓子や雑貨など 品揃えは結構充実しています。(土産屋ゾーンは入場無料)



三線も販売されていました。





出口付近にフードコートがあり、そこで売っているフルーツ盛りが美味しかったです。



レンタカー屋等に置いてあるパンフに、入場料割引かプチプレゼント券が付いていたりして
お得なサービスが受けられると思います。
(他の入場者を見ると 殆どの方が割引券やサービス券らしき物を持っていました)



フルーツのみならず、鳥や小動物もそこそこいて、動物園と熱帯植物園を合体させたような施設
年中無休なのでナゴパイナップルパークが休日ならここに寄る手もあります。、
営業時間は9:00~18:00(最終入園受付時間17:45)
夏期は営業時間を延長する場合もあるようです。








おかげさまで2つの顧客満足度調査で満足度№1ダブル受賞!! ♪朝食バイキング無料♪

抜群の透明度を誇る西海岸の海が目の前!許田I.C.からお車で約3分♪女性に嬉しいスチーマー貸出有(限定数要予約)

グループやファミリーにオススメの全室キッチン付きホテル。北部観光には絶好のロケーション!もちろん海も徒歩2分!
那覇より80分!高速道路の北部最終地点「許田IC」からすぐ近く、名護市街地にも近いので北部観光には絶好のロケーション!