あべのハルカス

2015年10月13日 00:00



大阪 阿倍野に2014年に誕生した日本で最も高い超高層ビル
あべのハルカスに行ってきました。



場所は天王寺駅前南側で、阿部野橋ターミナルビルの中核を担っており
2010年(平成22年)1月9日に着工され、2014年(平成26年)3月7日に開業しました。

地上60階建て、高さ300mで
国内の構造物としては 東京スカイツリー (634m)、東京タワー (332.6m) に次いで
3番目の高さを誇ります。(西日本では最高層)

大阪のキタ(梅田)と違って ミナミは他の建物はあまり高くないので、
その高さはやはり際立っていました。





ハルカス2階チケットカウンターでチケットを買い
展望台「ハルカス300」に向かいます



キャリーバッグなどの大きな荷物がある場合は、
エレベーターに乗る前に無料のコインロッカーを借りられます。



エレベーターの速いこと....(^^;)
宇宙の星をかたどったイルミネーションや光の帯が綺麗!



「ハルカス300」展望台は 58階から60階で10:00~22:00の営業です
入場料金は
大人(18歳以上)1,500円、中高生(12歳 - 17歳)1,200円、
小学生(6歳 - 11歳)900円、幼児(4歳 - 5歳)600円(2015/5現在)
15名以上の団体割引有り



60階は、フロア全体にガラスを配した屋内回廊「天上回廊」



眼下には大阪市街、そして大阪平野全体や大阪湾、
気候条件が良ければ、北方に京都から六甲山系や丹波高地、
西方に神戸や神戸空港や明石海峡大橋から淡路島、
東方に生駒山系や笠置山系、
南方に金剛山系や関西国際空港や和泉山脈など 360度見渡すことが出来ます 。







あらためて 大阪市というのは超過密で飽和状態であることを実感!







58階・59階・60階の間には、入場者が自由に移動できるよう
エスカレーターが設けられています。
いずれのフロアも、外部からの飲食物の持込み禁止なので 
屋内のカフェで飲食して下さい。

60階の南西角には、記念撮影用のフォトスポットを設け、
1枚1,200円のフォトサービスを随時実施しています。



58階の「天空庭園」



59階の「SHOP HARUKAS 300」あべのハルカスに関するグッズを販売しています。



あべのベア(ゆるキャラ)が目立っていました



インフォメーションセンター

夜景も愉しみたいといった方は「ハルカス300 1dayチケット」を購入すると良いでしょう。
これは通常料金に450円プラスですが、一日何回でも入場することが出来ます。



ビル名称の「ハルカス」ですが 
これは古語の「晴るかす」に由来する「人の心を晴れ晴れとさせる」という意味があり、
ビル高層階から 広大な都市の景色を見渡して晴れやかさを感じる事、
充実し多彩な施設で 客に心地よさを感させたい、といった想いが込められたようです。

あべのハルカスの内部には近鉄百貨店(あべのハルカス近鉄本店)
美術館(あべのハルカス美術館)
中層階にオフィス、高層階に大阪マリオット都ホテルが入居しており
ビル自体がまさに複合都市として機能しています。



商業施設にはグルメやショッピングはもちろんのこと、美術館も入っているので1日中楽しめます。
周辺には天王寺動物園や四天王寺など観光スポットも色々あるので併せて楽しめます。
観光や消費の面でも期待されているあべのハルカス。
調子はまだまだのようですが、今後の更なる発展を期待します。

公式サイトはこちらから
http://www.abenoharukas-300.jp/



日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」に、関西初のマリオットブランド「大阪マリオット都ホテル」が誕生します。
全品送料無料 やのまん 77-058 4D CITY SCAPE TIME ...

全品送料無料 やのまん 77-058 4D CITY SCAPE TIME ...
価格:8,820円(税込、送料込)