墨の奈良

2008年09月20日 05:57



古都奈良で全国シェアの90%を生産しているという産業
それが書道の時間でお馴染みだった墨造りです。

私の小学生時代は 墨汁を使用するのではなく 
墨をわざわざ硯で擦ってから書かされていたものですが 
梅の絵柄が描かれ 墨の香りを感じながら 
製造匠が例外なく奈良市と書いてあったのを見て 
こういうものは東京でも大阪でもなく
日本の始まりの高貴な町で 造られているんだなあ と感じたものでした。

墨の歴史は古く 中国の漢の時代(紀元前206年)に 原形が出来上がり、
それが日本に伝来したのは、大同元年(806年)で
遣唐使として唐へ行った空海が、筆とその製法を持ち帰って、
興福寺で造ったのが始まりとされています。

そして奈良で墨造りが発達した理由は 奈良に製墨所が次々誕生し、
全国各地の優秀な技術や職人も本場に集結することになり、
その結果、奈良以外の産地が衰退したからだと云われています。

本場だけに 奈良市内で販売されている墨は
ピンからキリまで様々な価格帯の物が揃っていました。
昭和初期には、奈良に44軒の製墨業者があり2,200万丁以上の墨が生産されていましたが
現在は奈良市内に製墨業者は15軒、生産量は300万丁に落ち着いています。

墨の製法は
「松烟墨」…松脂を焼いて作る
「油煙墨」…菜種や胡麻、桐の油を焼いて作る
の2種類に大別されましたが、前者「松烟墨」は鎌倉時代には途絶し
奈良墨は「油煙墨」での製法となっています。
奈良の墨を詳しく知りたい向きには、薬師寺や唐招提寺に近い「西ノ京」にある
「墨の資料館」を見学される事をお薦めします。



奈良市内を歩くと、墨を扱っている風情あるお店が随所にあります。
東洋が世界に誇る文化である書道や墨が、永遠に輝き続けて欲しいと願いながら
奈良の町を後にしました。

■蔵出し商品!当店1点もの古墨古墨 極彩色 萬暦/書道用品の筆匠庵
■蔵出し商品!当店1点もの古墨キズありの為30%OFF!!古墨 無彩色 法龍/書道用品の筆匠庵
■蔵出し商品!当店1点もの古墨古墨 無彩色 麒麟/書道用品の筆匠庵
■蔵出し商品!当店1点もの古墨古墨 極彩色 弧南>/書道用品の筆匠庵

奈良市内の施設一覧●奈良市内の宿泊施設を ネットでお得に予約できます

ベロタクシー

2008年09月13日 05:57



写真は 奈良市内で客待ちする3人乗り屋根付き自転車
ベロタクシーです。
排ガスが出ず 狭い道でも走れ、もちろん電動アシスト付き
世界遺産のある町に適した乗り物ですね。

運転手との対話も楽しめるベロタクシー
原油高時代の今、排ガスなしをアピールして
環境を守りながら 走り続けて欲しいと感じました。

皆さんは乗られた事はありますか?

【楽天VIDEO 会員は無料】 楽天イーグルス.TV 「ベロタクシー 楽天イーグルス号」

春日大社

2008年08月29日 16:14

2010年の平安京遷都1300年を控えて注目される奈良県奈良市。
修学旅行でしか行っていない という方も多いのでは...。

来年はあらゆる平安京1300年キャンペーンで賑やかしくなっていましょうから
今年のうちに 素朴な古都を満喫されるのも一興です。

まずは 誰もが納得される 奈良公園を軸に歩き回ると良いでしょう。
春日大社からご案内いたします。

>

春日大社
世界遺産として名高い春日大社は 石灯籠が並ぶ長い参道
緑の原生林の中 朱塗りの建造物の風格を感じる佇まいが印象的でした。

境内は時間自由 入場料なし
本殿特別参拝 9:00~16:00 参拝料500円
神苑 9:00~16:00 入苑料525円
宝物殿 9:00~16:30 入場料420円

>


奈良のシンボルといえる鹿は、国の天然記念物に指定され 1200頭もいます。
人を怖がる事がないので 鹿煎餅を持たずとも触れ合う事が出来ますが
発情期には注意して下さい。

>

奈良で鹿が大切にされているのは
茨城県鹿嶋神宮の御祭神の武甕槌命(たけみかつぢのみこと)が白鹿に乗り
御蓋山(みかさ山=春日山)の頂上に降りたという伝承が由来となっています。

この春日大社のおみくじを鹿みくじと呼びます。
おみくじをくわえた沢山の木片の鹿の中から選択するようになっています。

最近文化財に落書きする“ドたわけ”が増えていますが
国民の財産にそんな事をする人の気が知れませんね。

奈良市内の施設一覧
●奈良市内の宿泊施設を ネットで予約できます

世界文化遺産 法隆寺

2008年08月22日 05:52


奈良県斑鳩町 法隆寺に行ってきました。
法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える 世界最古の木造建築として
1,300年の歴史を誇り この建築物群が日本最初の世界文化遺産に指定されました。


法隆寺は 塔・金堂を中心とする西院伽藍と 夢殿を中心とする東院伽藍に分けられますが
古代寺院の伽藍配置を完全に残し 国宝や国指定の重要文化財の宝庫です。


斑鳩を旅するのなら春よりも秋がいい とは布施明の歌にありましたね...


私のメインサイトぶらり探訪の更新で
“世界遺産 法隆寺”を紹介しています。詳しくはこちらからどうぞ

■奈良の寺/楽天ブックス

■大和路散歩ベスト10 /楽天ブックス

奈良県北部の施設一覧奈良県北部の宿泊施設をネットでお得に予約できます