今治のB級グルメ「焼豚玉子飯」と 今治の街歩き

2015年03月30日 00:00



今治城の見学後は、今治駅まで戻る道すがら
今治のご当地B級グルメ、「焼豚玉子飯」なるものを食べに行きました。



地元で名が通っている店を訊くと「白楽天」が良いとの事。



焼豚玉子飯 写真では単なる目玉焼きが2個ですが、
目玉焼きの下には焼豚とご飯がしっかりと詰まっています。



焼豚の厚さや部位、玉子、そして甘辛なタレなどに
各店舗の個性が発揮されているようで、ボリュームもあります。
ちなみに今治に本社を置く日本食研は、「焼豚卵飯のたれ」を販売しています。



今治の焼豚玉子飯は約40年前、市内にかつて存在した中華料理店のまかない料理として生まれたそうで、
人気があった事からメニュー化され、その店から独立した料理人がメニューにした事で口コミとなり、
ソウルフードとなりました。

今治市内の約60店舗ほどで愉しむ事が出来ます。
今治は他に焼鳥の町としても有名です。



お店に近接して今治市の繁華街がありますので街並みも散策しました。

郊外型ショッピングモール隆盛により やはり「ドンドビ」と呼称される商店街も空洞化しており、
空き店舗や人通りの少なさは否めません。



アーケード街の規模などは当時の12万都市としては大きめで
以前はそれなりの商工業都市として集積していた面影が感じられました。
(かつては大丸百貨店、高島屋百貨店、ニチイ、ダイエーも今治に存在していました)
アーケード商店街はドンドビ交差点から今治港まで続いています。
規模としては鳥取県米子市と同じくらいに思えました。

「ドンドビ」とは川をさかのぼって押し寄せる海水を呑んだり吐いたりする樋門=呑吐樋から、このような変わった地名が生まれたようです。



今治の料飲街を望む。
市の主な産業は 造船、タオル製造などで、今治タオルといえば定評がありますよね。
経済規模は四国4県都の次の5番目に位置すると思います。



今治市内は太平洋戦争で三回も空襲され、戦後の都市計画で近代都市に再建されたため
道路は広いですが、駅は中心部から若干離れています。



都市規模に比して、意外と銀行が多い街です。
伊予・愛媛・百十四・香川・四国・徳島・高知・広島・みずほ、そして山口銀行も進出しています。
上場してもおかしくない企業や海運・造船など
資金需要の多い企業が多いことがその理由で、保険会社も多いです。

あとは、総合商社の住友商事、丸紅が出張所を置いており、以前は伊藤忠商事も置いていました。
これは「今治船主」の取次ぎ目当てで 海上保険をターゲットに大手損保も今治に進出しています。

日本最大の海事(海運業・造船業・舶用工業)都市・今治の事は↓下のサイトで確認下さい。
      http://www.kaijitoshi-imabari.jp/about/sangyo.htm



今治国際ホテル 
都市規模に似合わずグレードの高いシティホテルが存在しています。
今治は 人口15万の地方中都市で決して都会ではありませんし、国内外から多くの観光客を誘致できるほどの観光素材も 決して潤沢なわけではありません。

実をいえば、このホテルは日本でも有数の今治造船という造船会社が経営しており、
世界から船の商談に今治にやって来るお客様を もてなすために作ったホテルだとの事。
街の規模や文化・商業レベルを考えれば、これ程の高水準なホテルの維持運営には、かなりの尽力がされている事が窺えますね。



今治駅は高架駅。 松山から特急で38分。
駅前には大型店などはなく、ビジネスホテルが建つだけの比較的静かな印象。





西瀬戸自動車道(しまなみ海道)開通で四国の新たな玄関口となり、東京、大阪、神戸、広島、福山、尾道などと高速バスが結ばれています。

今治のB級グルメと街歩き 実に愉しめました(^^)。









日本三大水城・今治城

2015年02月28日 00:00



全国の城郭めぐりが好きな私ですが 半径150㎞圏内で唯一行ってなかったのが
愛媛県今治市の今治城でした。
日本三大水城の一つと云われる城で 今治といえば岩国と同規模の人口15万クラス都市。
しかもここはタオル、造船、B級グルメなどでも有名!
小さな旅を愉しむには好適ではないかと感じ 訪問してみました。



今治城へのアクセスは、今治駅から今治営業所行きバスで10分の「今治城前」下車、
徒歩ですぐの所にあります。





今治城は 関ヶ原の戦で 伊予半国20万石を領した藤堂高虎が、
瀬戸内海に面した海岸に 慶長7年(1602)に築いた大規模な平城です。
建造物も含めて完成したのは慶長13年頃との事です。
寛永12年(1635)からは 松平(久松)氏の居城となりました。



二之丸に藩主館、中堀以内に側近武士の屋敷、
外堀以内に侍屋敷、城門が9ヶ所、櫓が20ヶ所と非常に広大な造りだったようです。

広大な城郭は江戸260年間保たれていましたが
明治維新後に建造物の大半が取壊され、内堀と主郭部の石垣を残すだけになりました。

昭和28年に愛媛県指定史跡となり、
昭和55年から、主郭部跡に天守をはじめとする櫓、門などの再建が進み、
雄大な城郭の姿を見せています。



平成18年には、日本100名城(79番)にも選定されました。



別名を吹揚城ともいいます。



天守
藤堂高虎が五重天守を創建したと伝わり、形状は当時最新鋭の層塔型であったようです。
現在の天守は比較的新しく建てられたもので 昭和55年に本丸北隅櫓跡に建てられた模擬天守です。



鉄御門(くろがねごもん)
平成19年、可能な限り江戸時代の史実に基づいて、
この鉄御門が石垣や多聞櫓5棟ともに復元されました。



日本三大水城の一つ
三重の堀に海水を引き入れた特異な構造で、海から堀へ直接船で入ることが可能です。
城内の港として 国内最大級の船入を備えていましたが
今治は海上交通の要所だけに 海を最大限に活用した城となっています。



城内にはほとんど人もいなくゆっくり回ることができました。
城関連物ばかりではなく 2階には自然博物館のような化石や剥製もあります。





再建された天守は 1980年代の建造だけに いかにもコンクリート造りといった感じで、
重厚さ 歴史の重みには乏しいのですが(^^;)
6階の天守最上階の展望台から望む風景は抜群でした。
瀬戸内海の来島海峡を渡るしまなみ海道、今治市内を一望できます。





中堀と外堀は埋められており、昭和の高度成長期には新産業都市に指定された商工業都市だけに
城の周囲は城下町の風情はそれほど感じられません。



三方向に櫓があり、全て入場できます。
入場は鉄御門から入ったので、出る時は搦手門から出てみました。
こちらから出て そこから見る天守の風景が大変素晴らしく 
写真を撮りまくりました。





三大水城というだけに すぐ側には海。

堀が大きく、海と繋っているので
ボラやクロダイなど海の魚が泳いでいる姿も見受けられます。



周囲に景観の邪魔になるような高い建物がなく、城が際立って綺麗です。









宇和島を訪ねて

2013年12月21日 05:58



四国最果ての終着駅である宇和島を訪ねました。

宇和島は愛媛県の南予地方に位置する都市で 人口は8.9万人。
真珠や魚の養殖が盛んで、闘牛も有名な伊達10万石の城下町です。



予讃線の終着駅 宇和島駅
頭端式ホーム2面3線を持つ地上駅です。『鉄道唱歌』の作詞者が宇和島出身でしたね。
かの司馬遼太郎は「日本国の街道の行き着く果て」と著しています。

予讃線の末端だけに ここまで鉄路が伸びるのは遅く
1914年(大正3年)に宇和島鉄道の駅として開業していましたが。
松山方面との予讃線が繋がったのは1945年(昭和20年)の事です。



宇和島駅 駅ビルとなっています。
宇和島市の代表駅で、辺りは宇和島市の中心街となっています。
駅構内にはレストランやビジネスホテル、土産物店などあり
駅前広場に展示されている蒸気機関車は
軽便鉄道・宇和島鉄道の時代に走っていたコッペル社(独)製1号機関車のレプリカ。

以前は駅弁に闘牛弁当があったかと思いますが JR大型時刻表では駅弁販売駅を示す駅弁マークは付されていません、
(キヨスクで「牛鬼弁当」と「宇和島名物じゃこ天むす弁当」が販売されています)



宇和島で 年に5回の定期大会が行われている闘牛は全国的にも有名です。
宇和島市にはドーム形の闘牛場があり 直径20メートルの土俵上で1t超の牛が激突するのを見る事も出来ます。
大正末期から昭和初期が最も盛んだったようですが、宇和島近郊の町村には小さい闘牛場が存在し、
農閑期やお祭りには闘牛が開催されていたようです。



南予の政治・経済・文化の中心として発展した都市だけに、南国情緒あふれる近代的な街並みとなっています。

交通の拠点 宇和島駅前ではありますが
多くの路線バスは駅から約800m離れた 宇和島バスセンターが起終点となっており、
高速バスなども同センター発着となっています。



メインの商店街「宇和島きさいやロード」
人口は8.9万人とは云いがらも 商店街は整っています。



但し近年は郊外型ショッピングモール隆盛で 苦戦中といった所でしょうか...。
途中、名物の「じゃこ天」のお店が点在しており、食べ歩きも良いでしょうね。

宇和島城への入り口はいくつかあるようですが、駅から歩いて約10分
商店街「宇和島きさいやロード」から、曲がって、100m程先の所に宇和島城への門が見えました。



桑折(こおり)氏武家長屋門

宇和島城天守は 宇和島駅から徒歩15分ほどの標高80mの山頂に聳えています。(タクシーなら1メーター)



城山の植物は 300年以上も火災や伐採を免れたので、巨木や珍しい植物の宝庫となっています。
その為に城の石垣などは 木の根っこに押されて膨らんでいる箇所が見受けられ
素人目に見ても 石垣については全体的に崩れそうな感じがしました(^^;)



現在の地に初めて宇和島城天守が建造されたのは 慶長6年藤堂高虎築城の時です。
城の外郭は上から見ると不等辺5角形で、至る所に築城の名手と言われた高虎ならではの工夫が見受けられます。

高虎が今治に転封となって後、奥州仙台藩主、伊達政宗の長子秀宗が宇和郡10万石を賜り、
元和元年(1615)に入城。2代宗利の時、天守以下城郭の大修理を行い、
寛文11年(1671)に完成。その姿を現在に残しています。
天守閣は大きくないものの、現存12天守の一つだけの風格はあります。



標高80mの丘陵とその一帯に 山頂の本丸を中心に囲むように二ノ丸、
その北に藤兵衛丸、西側に代右衛門丸、藤兵衛丸の北に長門丸(二ノ丸とも)を中腹に配置し、
麓の北東に三ノ丸、内堀で隔てて侍屋敷が置かれた外郭を廻らせる梯郭式の平山城です。
東側に海水を引き込んだ水堀、西側半分が海に接しているので「海城(水城)」でもあります。
城を囲んでいた五角形の堀は、高虎の後の大名にも代々受け継がれたが、現在は堀も海も埋め立てられています。
明治以降、大半の建物が撤去されたが 天守、大手門は残されました。
昭和20年の宇和島空襲により大手門を焼失し
現在は、天守(国の重要文化財)と上り立ち門(市指定文化財)、石垣が現存するのみとなっています。



宇和島城入場料金
[天守] 大人200円/小・中学生100円 (※団体割引あり)
[郷土館] 無料
天守内の資料はそれ程多くはありませんが....。

現存12天守の一つで 国指定記念物(史跡) なのに 殆ど観光客の姿がありません。
天守の広場に土産店などは無く 当然城郭グッズも無しで やや素っ気ない感は否めません(^^;)。



宇和島市内を一望
宇和島は伊達家の歴史と共に歩んできた城下町で、今もなおその歴史が息づいています
小都市ながらも太平洋戦争末期の大空襲では市街地の大半を焼失しました。



市街地周辺は南予特産のみかんの畑が沢山あります。
西側は宇和海に面し、それ以外の三方は山地に囲まれてリアス式海岸が広がっています
離島も存在するので、宇和島市は漁港の数では全国有数と云われています。



宇和島への探訪 せっかく予讃線の果てまで足を延ばすなら 
宇和海の新鮮な魚介類を食べ歩くのも良いかと思います。
名物は宇和島鯛めし、宇和島サツマ、じゃこ天、まるずし、六宝など色々あります。


■DeAGOSTINI コレクションデアゴスティーニ 週刊 日本の城 第33号  宇和島城天守 他/朗読社楽天市場店
■DVDで城めぐり!高画質映像でめぐる全国屈指の100名城。城郭ファン必携の永久愛蔵コレクション.../コロムビアファミリークラブ
■カード・銀行・郵便振替のみのお取り扱いです産地直送! 四国/宇和島 8200円旬の鮮魚BOX【冷蔵品】 /ホールセール C&Cフジミ
■カード・銀行・郵便振替のみのお取り扱いです産地直送! 四国/宇和島 食べてみさいや 健康真鯛... /ホールセール C&Cフジミ
■魚の骨と皮を一緒に練り上げたカルシウムたっぷりのじゃこ天。ごぼうの風味がじゃこ天によくあ.../無添加じゃこ天の宇和島屋
■ネリモノ好きにはたまらない!ヨシミ蒲鉾 宇和島じゃこ天 牛鬼セット《手押しじゃこ天、じゃこ.../ナジャ工房
■全国でも宇和島しかない食べ方です。新鮮な伊達真鯛を存分に味わえます送料無料! 宇和島郷土.../アクアプラス
■宇和島オリエンタルホテル/楽天トラベル
◆アパパートナーホテルズ加盟店アパポイント貯まる◆館内1FにローソンがOPEN◆5種類の貸し出し用安眠枕で快眠◆
■宇和島グランドホテル/楽天トラベル
市の中心に位置し、ビジネス&観光の拠点として最適です♪ 宇和島駅より徒歩3分
■宇和島国際ホテル/楽天トラベル
寛ぎの和室の宿です!ビジネスプランから郷土料理を味わう観光プランなど各種プランをご用意しております♪
■宇和島リージェントホテル/楽天トラベル
宇和島市の中心部にある宇和島城のふもとに位置し、繁華街も大変近くビジネス・観光に最適!全室インターネットLAN接続無料!
■ホテルクレメント宇和島/楽天トラベル
★宇和島駅ビル内にあり、ビジネス・観光の拠点となるホテルです★
■ホテルCORAL宇和島/楽天トラベル
全室、バス、トイレ、洗面所、完全分離、LAN接続OK、展望浴場のあるホテルです。
■宇和島ターミナルホテル/楽天トラベル
交通至便。リーズナブルな宿泊料金。全室インターネット接続可能、朝刊無料サービス、自転車無料貸出し

内子の町並みを歩く

2013年12月14日 05:58



愛媛県のほぼ中央、松山市から約40km南西に位置する 喜多郡内子町を訪ねました。
内子は、盆地に位置する人口2万人弱の小さな町で 
江戸末期から明治にかけて、木蝋や生糸、和紙の生産で栄えていました。
内子の町並み保存地区には古い造りの建物が並び、 風情を感じる事が出来ます


JR内子駅 
特急は全列車停車します。松山から最も早い交通機関は予讃線特急の利用です。
内子盆地は、小田川に沿って開けており、旧・内子から上流は谷あいに集落が点在しています。



内子座
  愛媛県喜多郡内子町内子2102
内子が 木蝋や生糸の産業で賑わっていた頃、景気のよかった内子の財力で作られたのがこの演劇場です。
芸術、芸能を愛してやまない内子の人々の熱意で生まれ、
農閑期には歌舞伎、人形芝居、落語、映画等の出し物がこの演劇場で行われ、
人々の心の糧としても大切にされました。
パンフレットによると大正5年落成式挙行の建物ですが、大変綺麗に保存・メンテナンスされています。



現在でも劇場として活用されており
入場料400円で中に入ると「花道」「すっぽん」「回り舞台」「桝席」「奈落」等を見学することができます。



昭和の高度成長期には映画館に変遷し その後老朽化のために取り壊される話も出たようですが、
町民の熱意で昭和60年10月、劇場として再出発する事になった劇場です。
建物はそんなに大きくないものの、ボランティアの方が案内をして下さり、
奈落など普段は滅多に見ることが 出来ない部分も見学できるので、訪れる価値は充分にあると思います。



商いと暮らし博物館
  愛媛県喜多郡内子町内子1938
内子座の近くにある薬屋のお宅を保存して展示している博物館で、
往時の商家の暮らしぶりを垣間見る事が出来ます。
要所に人形が配置され、音声による説明が聞けてリアリティーも充分!。



さらに10分くらい坂道を登ると八日市護国地区の町並みに到着します。



約600メートルの通りには浅黄色と白漆喰の壁を持つ家が約120棟並んでいます。




町並み保存地区は、昭和57年(1982)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。





このうち約90棟が伝統的な民家で
なまこ壁やうだつ、鏝絵とかなり手が込んでいる建物も存在しています。



景観に統一感を持たせる為に 通りに面した家に手を加えています。
美しい町並みは勿論、地元の特産品を並べた魅力的な店や、カフェも数軒ありました。 



大森和蝋燭屋
  愛媛県喜多郡内子町内子2214
ハゼの実から搾った蝋を用いて作る愛媛県内で唯一の和蝋燭店です。(月・金曜定休)
昔は何軒かあった和蝋燭の店も、ここだけになってしまったとの事。
蝋燭と燭台といった日本独特のものをも絶やさず作って 商いを続けて欲しいと願いました。



町家資料館
  愛媛県喜多郡内子町内子3023
江戸時代の町家の特徴だった蔀戸や大戸等を全面的に開放できる造りの建物です。
寛政5(1793)年に建築された家を復元修理し、
当時の町家の構造や暮らしぶりを学べるようになっています。
土間には、生活用具や農工具が展示され 入館無料という嬉しい施設です。



木蝋資料館 上芳我邸
木蝋で財を成した豪商の邸宅が保存されていて、有料エリアと無料エリアに分かれています。









家の外に花が飾られていたり、腰をかける場所、無人の休憩所の存在など
人口の少ない小さな町ながらも、精一杯のおもてなしをして頂いている感じがして、
とても好感が持てる町でした。


「町おこし」の経済学「町おこし」の経済学(楽天ブックス)
内子新風土記内子新風土記(楽天ブックス)
[愛媛県] 酒六酒造 京ひな 吹毛剣 大吟醸 自然しぼり 1800ml【生酒六酒造 京ひな 吹毛剣 大吟醸
[愛媛県] 酒六酒造 京ひな 七星剣 大吟醸 720ml酒六酒造 京ひな 七星剣 大吟醸

▼内子の宿泊施設をネットでお得に予約できます
ペンション ステラ・ミラペンション ステラ・ミラ(楽天トラベル)
旅館 松乃屋旅館 松乃屋(楽天トラベル)
公共の温泉宿 龍王荘公共の温泉宿 龍王荘(楽天トラベル)
山荘 山岡山荘 山岡(楽天トラベル)

史跡庭園 庚申庵

2013年03月16日 05:58



松山市味酒町にある“史跡庭園 庚申庵”を訪ねました。
ここは ショッピングセンターのフジグラン松山の近くに位置し 
車を置いての一寸した観光探訪に都合が良く 入場無料なので立ち寄ってみました。



庚申庵は 小林一茶とも交友があった江戸時代の松山の俳人・栗田樗堂(くりたちょどう)が、
寛政12(1800)年、52歳の時 名利を捨て俳諧三昧の日々を過ごすために建てた草庵です。



庚申庵
栗田樗堂の句“草の戸のふるき友也梅の花”



中庭広場は樹木に囲まれた芝生のスペースとなっており イベントが行われる事も...。





藤棚(ノダ藤) 樹齢200年以上といわれる藤は 庚申庵が建てられた時からのものだとか...。
4月下旬頃に行けば 見事な風景が拡がっているでしょうね。



庚申庵という名称ですが
元々青面金剛の小祠があり、古老が古申庵と呼んでいた場所に、
庚申の年に建てたので そうした名前が付いたようです。



内部の様子



俳人の草庵だけに 虚飾を廃した質素な造りで、
屋根を支える梁や桁も木材の使用は最小限に留められたようです。



俳友たちとの交流を願って建てられ 風雅を求めた庭園など
大津で松尾芭蕉が暮らした『幻住庵』の影響を 垣間見る事が出来ます。

昭和24年(1949年)には愛媛県史跡に指定されましたが 老朽化が進行したために
松山市が公有化して 平成12年(2000年)には 庵と庭園が創建当時の姿に修復され、
平成15年(2003年)5月、庚申庵は現在のような史跡庭園として開園しました。



松山市街中心部に至近ながら、侘び寂びに包まれた空間で、
茶室から眺める庭園から、季節を感じて心を落ち着ける事が出来ました。

松山市味酒町2丁目6-7 庚申庵史跡庭園
   http://www.koushinanclub.com/


■道後やや/楽天トラベル
楽天トラベルアワード2011☆中四国レジャー部門金賞受賞☆朝採れ野菜&今治タオル&精一杯のおもてなしでお出迎え致します
■ホテルJALシティ松山/楽天トラベル
松山市民会館・コミュニティセンター・ひめぎんホール・道後温泉へのアクセスも便利。平成22年に全客室リニューアル!
■ホテルNo1松山/楽天トラベル
ワンランク上のくつろぎのひとときを過ごすビジネスホテルです。最上階露天風呂から見える松山城をお楽しみください。
■東京第一ホテル松山/楽天トラベル
平成24年1月17日四国初導入!シモンズ製ハイグレードベッドへ全室リニューアル♪堀之内公園南側に立地アクセスに便利です